忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

※ 冬季休業の御知らせ ※

誠に申し訳御座いませんが

本日、平成28年12月29日(木)~平成29年1月4日(水)まで

冬季休業とさせていただきます。

御迷惑をお掛けし、申し訳御座いませんが
宜しく御願い申しあげます。
今年も1年有難う御座いました!
良い年をお迎え下さい!
PR

クライミングジム・GIRI.GIRI

今日は暖かくて過ごし易い日ですね!
また、寒くなるでしょうから服装に御注意下さい。

弊社と御付き合いさせて頂いております、匠グループの
株式会社オメガ様が本日より
クライミングジムGIRI.GIRIをオープン!
  
場所は所沢街道を新宿側から入ってラーメン屋さんのちょっと手前です。
http://www.takumigiken.com/info/upload/docs/GIRI.GIRI%20open.pdf

クライミング用の壁です!

高さが解りませんよね?

人と対比してみると高いですね。もっとも高い処で11.5mあるそうです。

経験者の子供はスイスイ登っていきます。


ボルダリング用の壁もありました。

12/31~1/3までが休みのようですので
冬休みが長めの方は正月の運動不足解消の為に如何でしょうか?

完工!

寒さが増してきておりますが
何とか寒さにも身体が慣れてきたころでしょうか?
今年も後2週間程、健康に御過ごし下さい!

先日の株式会社ハウジング・オークラ様の井の頭の7棟現場ですが
残りの3棟も終わり、無事に完工致しました。

建物に合わせたレンガ基調の外構と成りました。






植栽が落ち着いた来年の梅雨前頃に、また見たいと思いました。

SUBARUのカタログ

こんにちは、ホームページ担当のiです。
先日、弊社運営カフェGARDEN&CRAFTSで撮影が行われた
スバルのカタログが完成しました。





当店の看板がばっちり写っています。
ちょっぴり宣伝になっていると、うれしいのですが♪

弊社で施工したアプローチも施工から年月が経ち、
より趣を増して、素敵に撮れています。
GARDEN&CRAFTSは、店内もとても素敵なんですよ!
冷え込む日には、薪ストーブもあります。
是非一度、ご来店ください。

今年も色々

日中に陽の光に当たれる時は、まだ暖かさを感じれますが
朝夕は本当に寒くなりました。
そろそろ、風邪やインフルエンザに注意が必要な時季ですね。

今年も多くの元請け様から御依頼を頂き
多様な現場をさせて頂きました。

当方が受け持たせて頂きました元請さまですが
ライフハウジング株式会社さまの杉並区の4棟現場
  
中央敷延の2棟となります。

こちらの現場は建物に合わせてモノトーン調にさせて頂きました。


次は株式会社ハウジング・オークラ様の井の頭の7棟現場で
先行で終わった2棟の写真となります。

門周りはこんな感じです。

こちらの現場はあと一歩で全棟が完工となりますので
また写真を撮り次第、他の棟もUPしたいと思います。

他にも沢山の現場を施工させて頂き有難う御座いました。
今年も後わずかとなりましたが
事故も起こさず、無事に新しい年を迎えたいものです。

ヤツデ

 明日から師走・・・。
師も走り出す程忙しいと言われている12月。
早いですね・・・、残り1ヶ月です。
寒さも増してきました。御身体、御自愛下さい!

さて、以前から写真を載せている「ヤツデ」。


不思議な感じがしますが、つぼみからすると本当に不思議です。

最初はこんな感じでつぼみが見えてきて(見た目、ちょっとあれですよね・・・。)

こんな感じで伸びてきて

こんなに伸びて、花を咲かせます!
最初からはとても想像が出来ません。

オーガニック ランドスケープ その2

<オーガニックな住宅のランドスケープ>の
アプローチに使用したレトロブリックに感じた事。


高炉のレンガの再利用なのだが、なかなかいい味を出す。

延段でいえば「行」に近い感じだ。

並べ方は「草」なのだが、
材料の持つ人工的な縁と割れたそれの組み合わせから来るのであろう。

レトロブリックの色と厚みから来る重量感を残すよう、
草目地でおさめた。





オーガニック ランドスケープ

コッツウォルズ以来のSです。

10月は とても興味深い仕事をさせて頂いた。

コッツウォルズからの流れと言うわけではないのだが。

<オーガニックな住宅のランドスケープ>

今月末にグランドオープンなので、詳細はその後に。

 

まずは自身の心持を徒然に。

 

若き日のデザインに対する考えに思いを寄せた。

「オーガニックアーキテクチャーとは」

先輩の問いに学生の私は辛うじて答えた。

「テーマが壮大すぎて・・・、何と言えばいいか・・・?」

「ひとつ構成要素から言えば時間を経ても陳腐になることなく、むしろそれを味として存在し続ける素材・・・・・」

そんなようなことをいった記憶がよみがえる。

なるほど、万物に永遠はないが環境に変化しながら生き残るということか。

深いのか当たり前なのか。

 

かのフランク・ロイド・ライトは空間の連続性とその調和についても述べた。

深遠で壮大なテーマに、あの若かった自分がどれほど近づけたのか。

そんなことを思いながらの仕事だった。

ただただ、とても懐かしく楽しかった。



[PHOTO]アプローチマテリアル:レトロブリック

※レトロブリック=高炉で使われていたレンガのリサイクル品

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
趣味:
ブロック組積

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析